求人掲示板
女性求人掲示板へ

在宅求人を投稿することができる掲示板

お気軽にご投稿下さい

HOME>

ごあいさつ

求人掲示板のホームページをご覧頂き、ありがとうございます。
多数の求人を投稿することができる求人掲示板、高収入なお給料を稼げる高収入な求人サイトなどの紹介をしているホームページです。
あなたはお金を稼いでなにを買いますか?あなたはお金を稼いでどこに行きますか?

高収入ドットコム

高収入求人

10年続く人気の女性向け高収入求人サイトです。体験入店で何度でも1万円がもらえます!

高収入ドットコム

風俗求人 Qプリ

風俗求人

無料会員登録をしてプロフィールを登録するだけで、風俗店からスカウトを受け ることができます。

風俗求人「Qプリ」

ライブでゴーゴー

ノンアダルトのライブチャットサイトなので、ネット上でお話をするだけで高収入!スマホからでもお仕事ができますのでアルバイト感覚!登録しておくだけでもOKです!

はじめての体験入店

24時間登録OK!女性のビジネス・自立・起業を応援します!365日24時間お好きな時間に在宅勤務。大手DXLIVEライブチャットでは経験豊かなスタッフが万全のサポート。

女性求人掲示板

女性求人掲示板

掲示板(けいじばん)とは、連絡や告知の目的で、文字を書いたり、掲示物を貼り付けたりして表示するために設けられた板のこと。多くは地面に対して垂直に設置されているが、利用形態によっては掲示物が見やすいように水平あるいは傾斜して設置されているものもある。電気的な表示方法を用いたものとして、電光掲示板があります。 こちらの掲示板はBBSと呼ばれ気軽に文字を入力して求人を無料で投稿することができます。


» 女性求人掲示板を確認する

高収入求人掲示板

高収入求人掲示板

雇用関係にある者にとっては給与・賃金などとも呼ばれるほか、従属的労働に当たらない事業所得や雑所得に該当する報酬も多岐に亘り存在する(外交員や検針人・集金人報酬、診療報酬、委託報酬、士業報酬、芸能人の出演料など)。雇用関係の有無を問わず、物の生産や移転を伴わず、自身のからだ一つで労働やサービスを提供することにより得られる対価である。

高収入求人掲示板にはたくさんの高収入求人が投稿されております。


» 高収入求人掲示板を確認する

アルバイト掲示板

アルバイト掲示板

アルバイト(ドイツ語: Arbeit)は、非正規雇用の雇用形態の一種とされており、期間の定めのある契約に基づき雇用される従業員。アルバイト掲示板ではアルバイトの投稿ができるようになっていますので、アルバイトを探されている方もアルバイトをしてくれる方を探されている方もお気軽に覗いて見て下さい。


» アルバイト掲示板を確認する

全国求人掲示板

全国求人掲示板

電子掲示板(でんしけいじばん、BBS、英語: Bulletin Board System)、コンピュータネットワークを使用した環境で、記事を書き込んだり、閲覧したり、コメント(レス)を付けられるようにした仕組みのこと。掲示板と呼んだりBBSと呼んだりする。電子掲示板を利用すると、情報交換や会話・議論などを行うことができる。パソコン通信やインターネットのウェブなどの上で実装される。掲示板を電子的に実現したようなものであることから、電子掲示板と名付けられました。求人の広告をだすには高額な料金が必要となりますが、掲示板への投稿は無料ですので、どんどん書き込みができます!!


» 全国求人掲示板を確認する


大阪

SOHO掲示板

SOHO掲示板

Small Office/Home Office(スモールオフィス・ホームオフィス)、略してSOHO(ソーホー)とは、「パソコンなどの情報通信機器を利用して、小さなオフィスや自宅などでビジネスを行っている事業者」といった意味で使われる場合が多い。SOHOという言葉の定義は正式に確立されておらず、個人事業または社員が一人の会社という業態を連想される。テレワーク、在宅勤務、マイクロビジネスなど。


» 在宅求人掲示板を確認する

ホームページ紹介掲示板

ホームページ紹介掲示板

ホームページ (home page, homepage) 、本来はウェブブラウザを起動した時や、多くのウェブブラウザに存在するホームボタンを押した時に表示されるウェブページなどの画面。ウェブサイトのトップページや、SNSなどにログインすることで表示される各ユーザー専用のページ。


» ホームページ紹介掲示板を確認する

ブログ紹介掲示板

ブログ紹介掲示板

ブログ (blog) は、ウェブページのURLとともに覚え書きや論評などを加えログ(記録)しているウェブサイトの一種。「WebをLogする」という意味でWeblog(ウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)と呼ばれるようになった。


» ブログ紹介掲示板を確認する

求人掲示板その他

稼げるチャットガールの募集はココ!




職業安定法(しょくぎょうあんていほう)は、日本の法律。日本国憲法に規定された勤労権を保障し、職業選択の自由の趣旨を尊重しつつ、職業紹介や労働者供給について定めている。
第一章 総則
(法律の目的)
第一条 この法律は、雇用対策法 と相まつて、公共に奉仕する公共職業安定所その他の職業安定機関が関係行政庁又は関係団体の協力を得て職業紹介事業等を行うこと、職業安定機関以外の者の行う職業紹介事業等が労働力の需要供給の適正かつ円滑な調整に果たすべき役割にかんがみその適正な運営を確保すること等により、各人にその有する能力に適合する職業に就く機会を与え、及び産業に必要な労働力を充足し、もつて職業の安定を図るとともに、経済及び社会の発展に寄与することを目的とする。
(職業選択の自由)
第二条 何人も、公共の福祉に反しない限り、職業を自由に選択することができる。
(均等待遇)
第三条 何人も、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地、従前の職業、労働組合の組合員であること等を理由として、職業紹介、職業指導等について、差別的取扱を受けることがない。但し、労働組合法 の規定によつて、雇用主と労働組合との間に締結された労働協約に別段の定のある場合は、この限りでない。
(定義)
第四条 この法律において職業紹介とは、求人及び求職の申込みを受け、求人者と求職者との間における雇用関係の成立をあつせんすることをいう。
2 この法律において無料の職業紹介とは、職業紹介に関し、いかなる名義でも、その手数料又は報酬を受けないで行う職業紹介をいう。
3 この法律において有料の職業紹介とは、無料の職業紹介以外の職業紹介をいう。
4 この法律において職業指導とは、職業に就こうとする者に対し、実習、講習、指示、助言、情報の提供その他の方法により、その者の能力に適合する職業の選択を容易にさせ、及びその職業に対する適応性を増大させるために行う指導をいう。
5 この法律において労働者の募集とは、労働者を雇用しようとする者が、自ら又は他人に委託して、労働者となろうとする者に対し、その被用者となることを勧誘することをいう。
6 この法律において労働者供給とは、供給契約に基づいて労働者を他人の指揮命令を受けて労働に従事させることをいい、労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律 (以下労働者派遣法という。)第二条第一号 に規定する労働者派遣に該当するものを含まないものとする。
7 この法律において特定地方公共団体とは、第二十九条第一項の規定により無料の職業紹介事業を行う地方公共団体をいう。
8 この法律において職業紹介事業者とは、第三十条第一項若しくは第三十三条第一項の許可を受けて、又は第三十三条の二第一項若しくは第三十三条の三第一項の規定による届出をして職業紹介事業を行う者をいう。
9 この法律において労働者供給事業者とは、第四十五条の規定により労働者供給事業を行う労働組合等(労働組合法 による労働組合その他これに準ずるものであつて厚生労働省令で定めるものをいう。以下同じ。)をいう。
10 この法律において個人情報とは、個人に関する情報であつて、特定の個人を識別することができるもの(他の情報と照合することにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。
(政府の行う業務)
第五条 政府は、第一条の目的を達成するために、次に掲げる業務を行う。
一 労働力の需要供給の適正かつ円滑な調整を図ること。
二 失業者に対し、職業に就く機会を与えるために、必要な政策を樹立し、その実施に努めること。
三 求職者に対し、迅速に、その能力に適合する職業に就くことをあつせんするため、及び求人者に対し、その必要とする労働力を充足するために、無料の職業紹介事業を行うこと。
四 政府以外の者(第二十九条第一項の規定により無料の職業紹介事業を行う場合における特定地方公共団体を除く。)の行う職業紹介、労働者の募集、労働者供給事業又は労働者派遣法第二条第三号 に規定する労働者派遣事業及び建設労働者の雇用の改善等に関する法律 (以下建設労働法という。)第二条第十項 に規定する建設業務労働者就業機会確保事業(以下労働者派遣事業等という。)を労働者及び公共の利益を増進するように、指導監督すること。
五 求職者に対し、必要な職業指導を行うこと。
六 個人、団体、学校又は関係行政庁の協力を得て、公共職業安定所の業務の運営の改善向上を図ること。
七 雇用保険法 の規定によつて、給付を受けるべき者について、職業紹介又は職業指導を行い、雇用保険制度の健全な運用を図ること。
(職業安定機関と特定地方公共団体等の協力)
第五条の二 職業安定機関及び特定地方公共団体、職業紹介事業者又は労働者供給事業者は、労働力の需要供給の適正かつ円滑な調整を図るため、雇用情報の充実、労働力の需要供給の調整に係る技術の向上等に関し、相互に協力するように努めなければならない。
(労働条件等の明示)
第五条の三 公共職業安定所、特定地方公共団体及び職業紹介事業者、労働者の募集を行う者及び募集受託者(第三十九条に規定する募集受託者をいう。)並びに労働者供給事業者(次条において公共職業安定所等という。)は、それぞれ、職業紹介、労働者の募集又は労働者供給に当たり、求職者、募集に応じて労働者になろうとする者又は供給される労働者に対し、その者が従事すべき業務の内容及び賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。
2 求人者は求人の申込みに当たり公共職業安定所、特定地方公共団体又は職業紹介事業者に対し、労働者供給を受けようとする者はあらかじめ労働者供給事業者に対し、それぞれ、求職者又は供給される労働者が従事すべき業務の内容及び賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。
3 前二項の規定による明示は、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により行わなければならない。
(求職者等の個人情報の取扱い)
第五条の四 公共職業安定所等は、それぞれ、その業務に関し、求職者、募集に応じて労働者になろうとする者又は供給される労働者の個人情報(以下この条において求職者等の個人情報という。)を収集し、保管し、又は使用するに当たつては、その業務の目的の達成に必要な範囲内で求職者等の個人情報を収集し、並びに当該収集の目的の範囲内でこれを保管し、及び使用しなければならない。ただし、本人の同意がある場合その他正当な事由がある場合は、この限りでない。
2 公共職業安定所等は、求職者等の個人情報を適正に管理するために必要な措置を講じなければならない。
(求人の申込み)
第五条の五 公共職業安定所、特定地方公共団体及び職業紹介事業者は、求人の申込みは全て受理しなければならない。ただし、その申込みの内容が法令に違反するとき、その申込みの内容である賃金、労働時間その他の労働条件が通常の労働条件と比べて著しく不適当であると認めるとき、又は求人者が第五条の三第二項の規定による明示をしないときは、その申込みを受理しないことができる。
(求職の申込み)
第五条の六 公共職業安定所、特定地方公共団体及び職業紹介事業者は、求職の申込みは全て受理しなければならない。ただし、その申込みの内容が法令に違反するときは、これを受理しないことができる。
2 公共職業安定所、特定地方公共団体及び職業紹介事業者は、特殊な業務に対する求職者の適否を決定するため必要があると認めるときは、試問及び技能の検査を行うことができる。
(求職者の能力に適合する職業の紹介等)
第五条の七 公共職業安定所、特定地方公共団体及び職業紹介事業者は、求職者に対しては、その能力に適合する職業を紹介し、求人者に対しては、その雇用条件に適合する求職者を紹介するように努めなければならない。
第二章 職業安定機関の行う職業紹介及び職業指導
第一節 通則
(職業安定主管局長の権限)
第六条 職業安定主管局(厚生労働省の内部部局として置かれる局で職業紹介及び職業指導その他職業の安定に関する事務を所掌するものをいう。第九条において同じ。)の局長(以下職業安定主管局長という。)は、厚生労働大臣の指揮監督を受け、この法律の施行に関する事項について、都道府県労働局長を指揮監督するとともに、公共職業安定所の指揮監督に関する基準の制定、産業に必要な労働力を充足するための対策の企画及び実施、失業対策の企画及び実施、労働力の需要供給を調整するための主要労働力需要供給圏の決定、職業指導の企画及び実施その他この法律の施行に関し必要な事務をつかさどり、所属の職員を指揮監督する。
(都道府県労働局長の権限)
第七条 都道府県労働局長は、職業安定主管局長の指揮監督を受け、この法律の施行に関する事項について、公共職業安定所の業務の連絡統一に関する業務をつかさどり、所属の職員及び公共職業安定所長を指揮監督する。
(公共職業安定所)
第八条 公共職業安定所は、職業紹介、職業指導、雇用保険その他この法律の目的を達成するために必要な業務を行い、無料で公共に奉仕する機関とする。
2 公共職業安定所長は、都道府県労働局長の指揮監督を受けて、所務をつかさどり、所属の職員を指揮監督する。
(職員の資格等)
第九条 公共職業安定所その他の職業安定機関の業務が効果的に行われるために、職業安定主管局、都道府県労働局又は公共職業安定所において、専らこの法律を施行する業務に従事する職員は、人事院の定める資格又は経験を有する者でなければならない。
第九条の二 公共職業安定所に就職促進指導官を置く。
2 就職促進指導官は、専門的知識に基づいて、主として、高年齢者等の雇用の安定等に関する法律第二十六条第一項 又は第二項 の指示を受けた者に対し、職業指導を行うものとする。
3 前二項に定めるもののほか、就職促進指導官に関し必要な事項は、厚生労働大臣が定める。
(地方運輸局に対する協力)
第十条 公共職業安定所は、地方運輸局長(運輸監理部長を含む。)の行う船員の職業の安定に関する業務について、これに協力しなければならない。
(市町村が処理する事務)
第十一条 公共職業安定所との交通が不便であるため当該公共職業安定所に直接求人又は求職を申し込むことが困難であると認められる地域として厚生労働大臣が指定する地域(以下この項において指定地域という。)を管轄する市町村長は、次に掲げる事務を行う。
一 指定地域内に所在する事業所からの求人又は指定地域内に居住する求職者からの求職の申込みを当該公共職業安定所に取り次ぐこと。
二 当該公共職業安定所からの照会に応じて、指定地域内に所在する事業所に係る求人者又は指定地域内に居住する求職者の職業紹介に関し必要な事項を調査すること。
三 当該公共職業安定所からの求人又は求職に関する情報を指定地域内に所在する事業所に係る求人者又は指定地域内に居住する求職者に周知させること。
2 当該公共職業安定所の長は、前項の事務に関し特に必要があると認めるときは、市町村長に対し、必要な指示をすることができる。
3 市町村長は、第一項の事務に関し、求人者又は求職者から、いかなる名義でも、実費その他の手数料を徴収してはならない。
4 第一項の規定により市町村が処理することとされている事務は、地方自治法 (昭和二十二年法律第六十七号)第二条第九項第一号 に規定する第一号 法定受託事務とする。
(業務報告の様式)
第十三条 職業安定主管局長は、都道府県労働局及び公共職業安定所が、この法律の規定によつてなす業務報告の様式を定めなければならない。
2 都道府県労働局及び公共職業安定所の業務報告は、前項の様式に従つて、これをしなければならない。
(労働力の需給に関する調査等)
第十四条  職業安定主管局長は、労働力の需要供給の適正かつ円滑な調整に資するため、都道府県労働局及び公共職業安定所からの労働力の需要供給に関する調査報告等により、雇用及び失業の状況に関する情報を収集するとともに、当該情報の整理、分析、公表等必要な措置を講ずるように努めなければならない。
(標準職業名等)
第十五条 職業安定主管局長は、職業に関する調査研究の成果等に基づき、職業紹介事業、労働者の募集及び労働者供給事業に共通して使用されるべき標準職業名を定め、職業解説及び職業分類表を作成し、並びにそれらの普及に努めなければならない。
(職業紹介等の基準)
第十六条 厚生労働大臣は、身体又は精神に障害のある者、新たに職業に就こうとする者、中高年齢の失業者その他職業に就くことについて特別の配慮を必要とする者に対して行われる職業紹介及び職業指導の実施に関し必要な基準を定めることができる。
第二節 職業紹介
(職業紹介の地域)
第十七条 公共職業安定所は、求職者に対し、できる限り、就職の際にその住所又は居所の変更を必要としない職業を紹介するよう努めなければならない。
2 公共職業安定所は、その管轄区域内において、求職者にその希望及び能力に適合する職業を紹介することができないとき、又は求人者の希望する求職者若しくは求人数を充足することができないときは、広範囲の地域にわたる職業紹介活動をするものとする。
3 前項の広範囲の地域にわたる職業紹介活動は、できる限り近隣の公共職業安定所が相互に協力して行うように努めなければならない。
4 第二項の広範囲の地域にわたる職業紹介活動に関し必要な事項は、厚生労働省令で定める。
(求人又は求職の開拓等)
第十八条 公共職業安定所は、他の法律の規定に基づいて行うもののほか、厚生労働省令で定めるところにより、求職者に対しその能力に適合する職業に就く機会を与えるため、及び求人者に対しその必要とする労働力を確保することができるようにするために、必要な求人又は求職の開拓を行うものとする。
2 公共職業安定所は、前項の規定による求人又は求職の開拓に関し、地方公共団体、事業主の団体、労働組合その他の関係者に対し、情報の提供その他必要な連絡又は協力を求めることができる。
(公共職業訓練のあつせん)
第十九条 公共職業安定所は、求職者に対し、公共職業能力開発施設の行う職業訓練(職業能力開発総合大学校の行うものを含む。)を受けることについてあつせんを行うものとする。
(労働争議に対する不介入)
第二十条 公共職業安定所は、労働争議に対する中立の立場を維持するため、同盟罷業又は作業所閉鎖の行われている事業所に、求職者を紹介してはならない。
2 前項に規定する場合の外、労働委員会が公共職業安定所に対し、事業所において、同盟罷業又は作業所閉鎖に至る虞の多い争議が発生していること及び求職者を無制限に紹介することによつて、当該争議の解決が妨げられることを通報した場合においては、公共職業安定所は当該事業所に対し、求職者を紹介してはならない。但し、当該争議の発生前、通常使用されていた労働者の員数を維持するため必要な限度まで労働者を紹介する場合は、この限りでない。
(施行規定)
第二十一条 職業紹介の手続その他職業紹介に関し必要な事項は、厚生労働省令でこれを定める。

ブログ紹介掲示板

ページトップへ



ダイエット口コミ | FX口コミ | FX情報 | FX掲示板 | 求人 | 消費者金融 | 素材フリー | ホームページの紹介 | アフィリエイター | WEBサービス | マイストア |



求人掲示板 をGoogle Bookmarks に追加